abiのキママな日々

誤字脱字、誤情報の多いBlogとご理解の上お読みください…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FinalDay

Day12

たまには違うところにも行こうとちょっと離れた山間部の池に
適度に足場もあり、池周辺にもリリーパッドも少なく何とか釣りになりそうです。

結局のところさっぱりでした。

ワームを追って子バスが沢山付いてくるのですがw 大きいのは全く反応がありません。

でも可愛いですねw

この日は近くの川も行ってみましたが音沙汰無し…

うむー まー明日頑張るかという事で終了


Day13 釣り最終日

実は釣りが出来る日は今日が最後になります。
週明けから2週間ほど入院する事になり、次は7月中旬以降になります。
手術がうまくいけばいいんですけどねぇ リスキーな事をするのでこれでさよならの恐れあり(笑)

洒落にならないのでここまで(^^;

さてDay12

一日入院の準備で子供と一緒にお出かけ、日中は買い物でした。
気温も軽く30度超えていますし、近所の川も釣り人だらけで行く気になりませんw

17時過ぎに娘も実家でお昼寝モードになったので、しめしめと出撃w

いつもの水門は人が多いだろうなぁと言う事で元々のホームグラウンドへ
ここは最近全く反応がありません、ナマズは釣りましたがw

着いてみると水深にビックリ、溢れ出しそうなぐらい水があります。
何か起こりそうな気がするなぁとばかりに水門奥にキャスト!


フィッシュオン!!!


よっしゃぁwwwwwきたきたーw
中々の手ごたえ、バスが走る走る、ジャンプ一発も軽くいなし何とか手前まで引き寄せランディング
水の表面と川岸の高さがほぼ同じなので楽に引き寄せられました。

※携帯にSDカードを入れ忘れた為に写真無し(泣

38cm程度でしょうか よく太っていてとても楽しめました、よしよし また釣られるんだよw

水門に投げて釣れたのはHiroyan以来、実に一ヶ月ぶりぐらいになります。
やっとここまでバスが戻って来たのかなぁ もう少し観察してみないとわかんないですね。

さて、二匹目のドジョウはいないかとさらに探ります…


フィッシュオン!!!!!


またきたきたーwwww
こいつはやたらと引きます、ラインがどんどんドラグしていきますが上手にコントロール 楽しいなぁ
散歩中の夫婦が見学してるなかw 何とかランディングさせました。
これも同じサイズでよく太ってます。
もうお腹空いて食いついたって感じじゃないですね、小魚も多し餌には困ってないようです。

こいつもリリース うむー 今日は非常に満足w


さて、もう水門にいないかな?とキャストしましたが流石にもうおしまいw

ならと、続いて本流の川にキャストします。


フィッシュオン!!!!!!!!!!!!!!!


おいおいおい なんかあるんじゃねーの?ww

と思って翻る姿は…


バスじゃないw


某釣堀でよく見たお姿、どうやらニゴイの様です。
この辺りにいる鯉はどいつもこいつもサイズが半端じゃなく、万が一かかったら絶対上がらないだろうなぁというサイズ
今回も一瞬見えただけですがかなりの大きさです。
何もせずともラインが恐ろしい勢いでドラグしていきます。

バスと違って水面には上がってこず、ウイードにぐいぐい潜っていきます。

それはやめてww

とラインを押さえドラグを停止、ロッドがギリギリとしなります。
もうライン切れたら1mぐらいの鯉がかかったんだと自慢しようという気になってきますw

そして力が抜けた瞬間に一気に巻き取り

そしてまたドラグ

これの繰り返しをやってましたw

最後は鯉も疲れて(というか水草に巻かれて身動き不能になってたw)水草を手で引き上げると鯉も一緒にランディングw
70cm近いサイズでした。

釣堀で申請したらPSPが貰えるサイズw


スイムベイトを1/32ozのジグヘッドで投げていたのですが、ベイトを吸い込んだ瞬間、フッキングした針が喉に突き刺さった様です。
これは腕のなせる業か?w いや全くの偶然ですがw

入院前にいいもの釣らせて頂きました、こりゃいい結果になりそうですw


ではまたいつの日か出てきますー

ちなみにラインは6lbです、本当はもっとドラグ閉めたいんですw

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://abily.blog78.fc2.com/tb.php/47-8aa23fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。