abiのキママな日々

誤字脱字、誤情報の多いBlogとご理解の上お読みください…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セメダインX

先日、お仕事の買い物中、以前から気になっていた接着剤を購入

その名も、セメダインX

ダイワマンXとは違いますw
ワーム修理にほとんどの人がハドルボンドを使っていると思いますが、量の少なさに泣いてました(高いし)
スイミング系のワーム使ってると釣れるたびに破壊されていきますもんね。。

買ったのはクリアタイプ、早速いつもと同じように、裂けたところにザックリさして手抜き注入します。
注入完了したら表面をならして終了 あとは24時間放置です。
当然ですが溶剤系ではありません、空気中の湿度に反応してゆっくり固まりだすので時間がかかります。

今朝方出来上がりを見てみると、クリアで接着面が分かりませんでした。
接着液はゴム状になるので弾力性もあります。

超お得w

値段も大きなチューブで300円ちょっと、これでも1シーズンは余裕
お徳用のチューブは、これで10年は戦える 量です。。。恐るべし 

実際に使用した記事が見つからなかったので書いてみました。

セメダインXのページを見てみると、速乾性のやつやら色々出てますね。。
スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

釣行記 その2

実はこの辺りの記憶が曖昧なのですが、4月って今年はとても寒かったと思います。
まだまだダウンが離せなかったりして、高梁川には一向に魚影は見当たらないし、野池も沈黙したまま。。
という状況が続きました。

そんな時に後輩が。「反応があるシャローの野池見つけました!」と連れてってくれることに。
ついてびっくりの皿池、水深なんて深いとこでも1m無さそうです、おまけにシェードもほぼ無し。。。
なんかうそ臭いなぁと思いながらインレット際で日が落ちるまで頑張っていると

DSC00581s.jpg
すでに19時になる直前… ダッドカットNSでの一撃 35cm?

いったいどこにいたのやら…
この野池を攻めているうちに、岸際へタイトについてるということを知りました。
しかし半端ないですね。。

そして5月
全然季節が進みませんw もう暖かくなってきたはずなのに、魚の姿は全くみず
野池は相変わらず静まり返ったまま。。コバスの池は多少反応が良くなりましたが、川では全く見ません。

ところが5月下旬
なにやら高梁川で釣れたと噂を聞き、後輩たちと一緒に川へ
シャローエリアに向けてダッドカットFBをフォールさせていると。。。
デカバスがヒット! ところが手前まで寄せた所でフットボールが外れてしまいましたorz
正直泣きそうに。。。そして春のバス相手に4連発同じことをやらかしますw

ロッドがミディアム、そしてフットボール かなり遠投してのフィッキング、おまけに片手で釣りです。
フッキングは愚か、力が抜ける瞬間もありいい所まで持ち込んでいるのにバレてしまいます。。

もう夢にまで出てくる始末でw 4匹目をばらしてしばらく近寄りませんでした。

DSC00007s.jpg
後輩の手による52cmのプリバス 超重いですw モグラチャターで仕留めました。

そして6月へ。。。

続くw


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

高梁川

いきなり続きじゃありませんけどw

週末は野池と高梁川に行ってきました。
涼しくなってたくさんのアングラーが野池に来ています、そうなると先行者のいる場所には入りづらくなるので、なるべくいない場所へ。。って感じに

となると小バスと遊ぶことにw
ちょっとだけサイトの練習をしていました、バスの死角に落とすと意外と反応するんですよね
スクールでいる場合は取り合いになるので、コバスなら躊躇なく口を使ってくれます。
下手くそな私でも釣れちゃうわけなんですw

寂しすぎるので、そのまま夕方から高梁川へ
場所は有名なチクワエリア、春先に行ったきり全く来たことがありませんでした。

何がニャンでもルアーフィッシング

上記参照
オープンエリアで車も止めやすく、もうこれでもかってぐらい人がやってきます。
下に落としてしまうと根掛かりしまくりなので(それが嫌でこないw)濁りも若干ありそうなのでモグラチャターを投げ倒します。
護岸からまっすぐ投げてブレイクの上を通してフィーディングしているバスを狙います。

どーん

43cmのファットなバスが釣れました(MicroSD入れ忘れ。。)
狙い通り釣れてとてもいい感じでした!

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

釣行記 その1

1年ぶりに更新 もっとたってるかな?
以前の記事を見てるとバカっぷりが見て取れますが、現在も何も変わっておりませんw

昨年からの状況をさらっと書いてみたいと思ってます。
書いてある通り、7月に手術で入院して復帰したのは8月後半、大型のバスもあまり上がらずシーズンが終わっちゃいました。
最終的には、新しいベイトロッド(バロウズ)を一本追加して高梁川で35cm釣ったのが最後だったかなぁ
いや12月中旬に野池で釣ってますね
そのまま年明けに、正月からバス釣りに行く異常さw いやー元気だな俺って感じです。
この夏は非常に暑かったので、極寒だった今年のはじめを忘れそうですが、本当に寒かったです。
野池が全面凍ってたり 水路も全部凍ってたりもう凄い状況でした。

1月は全くのノーバイト 高梁川には近寄ってもいません。
それでも日暮れの15分間だけ釣りとかやってました、10日ぐらいは釣りに行ってたかなぁ

そして2月。。寒さもピークでしたが日差しも若干伸び出して、気温も10度に届きそうな日が出てきました。
調べに調べて、温排水が出ていると言われてる場所(実質は止水していて水温が変わらない場所)で毎晩ダウンシ強調文ョットでねちねち。

当然釣れませんが、頑張ってるとなんとかなるもんです。
真冬のバス
2月中旬 真冬の夜37cm、この日は気温7度くらい
一人でしたら心も折れちゃいますが、後輩と共に通いつめました。

もうシェイクしてるのか、手が震えてるのか分ませんww

そんなのでも時々ショートバイトでデカバスが釣れます。
気温が0度だろうが深夜までやってることもありましたw アホですホント。。。

そしてぐっと気温の上がったある日、誰もいない野池でコバスがミノーで大爆釣してしまいました。
これから特定の野池でトップの反応がよくなります。
まだまだ2月後半でとても野池で釣りする人なんかいませんw まさに独占でした。
そして3月、春を感じたバスは(それでも凄く寒いですけど)スポーンに向けてあちこちに散ってしまいます。
野池ももの好きなアングラーが活動しだし(人の事言えませんが)独占状態も終了 反応も一気に悪くなります。

本当に3月は全く釣れない一ヶ月でした。。
七区も行きましたがノーバイト…orz

そして4月、まだまだ寒いですが、スピナベ片手に倉敷川でランガンを始めます。
有名な川といえどもほとんど人はいません、上流には魚が上がってないので、どこにいるかなんて分からないんですよね。
ところがついに。。。
DSC00583s.jpg
4月中旬 ジンクスで仕留めた40cmのプリメス お腹が卵でパンパンですw

いやー初めてのプリスポーンバスです、この日も子供と2km程ランガンしてやっとの釣果でした。
この努力はこれから報われるんでしょうか…

続くw

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

FinalDay

Day12

たまには違うところにも行こうとちょっと離れた山間部の池に
適度に足場もあり、池周辺にもリリーパッドも少なく何とか釣りになりそうです。

結局のところさっぱりでした。

ワームを追って子バスが沢山付いてくるのですがw 大きいのは全く反応がありません。

でも可愛いですねw

この日は近くの川も行ってみましたが音沙汰無し…

うむー まー明日頑張るかという事で終了


Day13 釣り最終日

実は釣りが出来る日は今日が最後になります。
週明けから2週間ほど入院する事になり、次は7月中旬以降になります。
手術がうまくいけばいいんですけどねぇ リスキーな事をするのでこれでさよならの恐れあり(笑)

洒落にならないのでここまで(^^;

さてDay12

一日入院の準備で子供と一緒にお出かけ、日中は買い物でした。
気温も軽く30度超えていますし、近所の川も釣り人だらけで行く気になりませんw

17時過ぎに娘も実家でお昼寝モードになったので、しめしめと出撃w

いつもの水門は人が多いだろうなぁと言う事で元々のホームグラウンドへ
ここは最近全く反応がありません、ナマズは釣りましたがw

着いてみると水深にビックリ、溢れ出しそうなぐらい水があります。
何か起こりそうな気がするなぁとばかりに水門奥にキャスト!


フィッシュオン!!!


よっしゃぁwwwwwきたきたーw
中々の手ごたえ、バスが走る走る、ジャンプ一発も軽くいなし何とか手前まで引き寄せランディング
水の表面と川岸の高さがほぼ同じなので楽に引き寄せられました。

※携帯にSDカードを入れ忘れた為に写真無し(泣

38cm程度でしょうか よく太っていてとても楽しめました、よしよし また釣られるんだよw

水門に投げて釣れたのはHiroyan以来、実に一ヶ月ぶりぐらいになります。
やっとここまでバスが戻って来たのかなぁ もう少し観察してみないとわかんないですね。

さて、二匹目のドジョウはいないかとさらに探ります…


フィッシュオン!!!!!


またきたきたーwwww
こいつはやたらと引きます、ラインがどんどんドラグしていきますが上手にコントロール 楽しいなぁ
散歩中の夫婦が見学してるなかw 何とかランディングさせました。
これも同じサイズでよく太ってます。
もうお腹空いて食いついたって感じじゃないですね、小魚も多し餌には困ってないようです。

こいつもリリース うむー 今日は非常に満足w


さて、もう水門にいないかな?とキャストしましたが流石にもうおしまいw

ならと、続いて本流の川にキャストします。


フィッシュオン!!!!!!!!!!!!!!!


おいおいおい なんかあるんじゃねーの?ww

と思って翻る姿は…


バスじゃないw


某釣堀でよく見たお姿、どうやらニゴイの様です。
この辺りにいる鯉はどいつもこいつもサイズが半端じゃなく、万が一かかったら絶対上がらないだろうなぁというサイズ
今回も一瞬見えただけですがかなりの大きさです。
何もせずともラインが恐ろしい勢いでドラグしていきます。

バスと違って水面には上がってこず、ウイードにぐいぐい潜っていきます。

それはやめてww

とラインを押さえドラグを停止、ロッドがギリギリとしなります。
もうライン切れたら1mぐらいの鯉がかかったんだと自慢しようという気になってきますw

そして力が抜けた瞬間に一気に巻き取り

そしてまたドラグ

これの繰り返しをやってましたw

最後は鯉も疲れて(というか水草に巻かれて身動き不能になってたw)水草を手で引き上げると鯉も一緒にランディングw
70cm近いサイズでした。

釣堀で申請したらPSPが貰えるサイズw


スイムベイトを1/32ozのジグヘッドで投げていたのですが、ベイトを吸い込んだ瞬間、フッキングした針が喉に突き刺さった様です。
これは腕のなせる業か?w いや全くの偶然ですがw

入院前にいいもの釣らせて頂きました、こりゃいい結果になりそうですw


ではまたいつの日か出てきますー

ちなみにラインは6lbです、本当はもっとドラグ閉めたいんですw

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。